Embassy of Japan in New Zealand

日本国国旗

在ニュージーランド日本国大使館


A Courtesy Call by Japanese Members of Parliament, Mr. Shinjiro Koizumi and Mr. Takashi Yamashita to the New Zealand Prime Minister, Ms Jacinda Ardern
国会議員(小泉進次郎議員及び山下貴司議員)が アーデーン・ニュージーランド首相を表敬

4/9/2018 

On 4th September 2018, Mr Shinjiro Koizumi and Mr Takashi Yamashita, Japanese Members of Parliament, gave a courtesy call to the Rt. Hon. Jacinda Ardern, Prime Minister of New Zealand as a part of the Prime Minister of New Zealand Fellowship Programme. The Prime Minister received them warmly in traditional custom.

As politicians of the same generation, they were able to enjoy an open and frank discussion with the Prime Minister with regards to a wide range of topics, including women’s advancement in society, respecting and encouraging societal diversity, the ideal parliament construct, and policies on renewable energy.

The Japanese delegation stated that there are quite a few areas of focus in New Zealand which Japan can learn from, and they would like to introduce and apply this knowledge in Japan.

The courtesy call carried a relaxed atmosphere throughout, as the Japanese delegates introduced the Prime Minister to Kendama (a traditional toy) and Daruma (a traditional good luck charm) while enjoying tea together. They also discussed their invitation for her to visit the country soon. The Prime Minister commented that there are quite a few reasons for New Zealanders to visit Japan over the next few years, including the 2019 Rugby World Cup, and the Tokyo 2020 Olympics.

9月4日(現地時間)午前、ニュージーランド政府の首相フェロー招聘プログラムの一環で当地訪問中の小泉進次郎議員及び山下貴司議員は、ジャシンダ・アーデーン・ニュージーランド首相を表敬し、アーデーン首相から両議員のニュージーランド訪問について温かい歓迎を受けました。

小泉議員及び山下議員は、アーデーン首相とニュージーランドの目覚しい女性の社会進出や多様性を受け入れる社会、議会のあり方、再生可能エネルギー政策等の幅広いテーマについて、同世代の政治家として、率直な意見交換を行いました。

小泉議員及び山下議員からは、日本はニュージーランドから学ぶべき点が多く、今回のニュージーランド訪問で得られた知見を日本でも生かしていきたいと述べられました。

両議員からはアーデーン首相に日本のけん玉とだるまを紹介し、またアーデーン首相からは自ら紅茶を勧められるなど、表敬は終始和やかな雰囲気の中で行われ、両議員からアーデーン首相に早期の訪日を招待したところ、同首相は2019年ラグビー・ワールド杯、2020年の東京オリンピック等、多くの訪日の機会があると応じられました。