小林 弘裕(こばやし ひろやす)


皆様初めまして。

この度、駐ニュージーランド大使として着任しました小林弘裕と申します。10月18日にパッツィー・レディー総督に信任状を捧呈し,正式に大使としての活動を開始いたしました。

 日本とニュージーランドは、伝統的に友好協力関係にあります。政治的、経済的に密接な関係にあるほか、人の交流も活発で、2017年には約10万人の日本人がニュージーランドを訪れ、また2016年には約5万6千人のニュージーランド人が日本を訪問しています。これから日本では、2019年にはラグビーワールドカップが、そして2020年には東京オリンピック・パラリンピックが、2021年には関西ワールドマスターズゲームズが開催されます。これらの一大スポーツイベントを機に、日本とニュージーランドの間で 双方向での関心が高まり、人と人の交流が更に進展することが期待されます。

 このような状況下において、当大使館の重要な役割は、この良好な二国間関係のをさらに発展させることにあります。日本とニュージーランドは、民主主義や法の支配といった基本的価値を共有し、その基礎の上に、幅広い分野での友好協力関係をこれまで築き上げてきました。両国ハイレベルでの交流も活発であり、最近では、私の着任直後の10月中旬に河野外務大臣が当国を訪問し、アーデーン首相を表敬した他、ピーターズ副首相兼外務大臣、その他の閣僚とも会談を行いました。両外務大臣は、インド太平洋地域が様々な課題に直面する中、人的交流を含む幅広い分野において両国間の「戦略的協力パートナーシップ」を更に深化させていくことを確認したところです。

 日本とニュージーランドは、43もの姉妹都市関係を締結しており、草の根レベルにおいて活発な地方自治体間交流、市民交流が行われており、当大使館もこれらの交流を支援してまいります。また、ニュージーランドには、約1万9千人の在留邦人が居住しており、 当大使館としましては、邦人の皆様の活動や生活が有意義かつ安全なものとなるよう、必要な支援を行ってまいります。  

我が国とニュージーランドの友好協力関係を、より一層発展させるために努力して参りますので、ぜひ皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成30年10月
駐ニュージーランド大使 小林弘裕

法的事項 / アクセシビリティについて / プライバシーポリシー
Copyright(C):2014 Embassy of Japan in New Zealand