在留証明【JRパス】

令和6年3月28日

JRグループが販売しているジャパン・レール・パス購入のために、ニュージーランドにおける在留期間が連続して10年以上であることを証明するものです。

詳細については、ジャパン・レール・パスのホームページをご覧ください。
 
 発給条件
 
  • 日本国籍を有する方。
  • 3ヶ月以上前より当館に在留届が提出されていること。
  • 原則として、日本の住民登録を抹消していること。 ​
 
 申請方法
 
  • オンライン在留届を登録済みの方
  オンライン申請が可能です。以下URLよりログインの上在留証明書を申請してください。
  ORRネット:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

  • 窓口申請を希望の方
  JRパス購入を希望する方ご本人が窓口にて申請してください。

 ※どちらの申請方法も交付時はご本人が直接窓口にお越しいただく必要がございます。

 
有効期限

有効期間は発行日から6か月。
 
 
 申請に必要な書類
 
1
証明発給申請書

 
 
2
在留証明申請書

 
3
日本国旅券
Passport
 
  • 有効な旅券(原本)
4 10年以上前に発行された
居住及び住所を確認できる書類

  • 公共料金の請求書、銀行の明細書、賃貸(売買)契約書等の(原本)
  • 申請者本人の氏名、住所(PO Boxは不可)、発行年月日が明記されていること
5 現在の居住及び住所を
確認できる書類


 
  • 住所記載のあるNZの運転免許証、直近(概ね3か月以内)の公共料金の請求書、銀行の明細書、賃貸(売買)契約書等の(原本)
  • 申請者本人の氏名、住所(PO Boxは不可)、発行年月日が明記されていること
  • なお 形式2の場合は、それぞれの住所の居住開始時期から同住所の居住終了時期までを立証する書類が必要となります。
  • 1度引っ越しをしている場合 → 居住及び住所を立証できる書類 計4通(それぞれの住所の居住開始、及び居住終了の証明が必要です。)
6
戸籍謄本

 
  • 地番まで本籍地の記載を希望される場合のみ。
  • できる限り発行日の新しいもの。記載内容に変更がなければ古いもの、コピーでも可。
 
 
 申請時の留意点
 
  • 在留証明書が受理されるかは、JRグループの判断になります。
  • 在留証明書は日本に帰国し住民登録をした後は、原則として申請することができません。
  • JRパス購入のために形式2を利用して同居家族を証明することはできません。それぞれ1名ずつ申請をしてください。
 
 所要日数と交付(受領)について
 
  • 原則として即日発給しますが、申請から交付までに約1~2時間程度の時間がかかります。午前中の早い時間に来館されることをお勧めいたします。
  • 窓口での受領時には、ご自身のID(運転免許証等)をお持ちください。
 
領事手数料

 
 よくある質問